進行を防ぐには治療が一番|大腸がんを予防して病気に勝つ

女性

年齢に合った検査を受診

乳がん検診は女性が一年に一回受診すべき検査です。しかし20代や30代は特に受ける必要はありません。40代以上は毎年受診することが大事なってきます。近親者に乳がん患者がいる場合には遺伝の可能性もあるため、若いうちも受診すべきです。

看護師

がんの治療

樹状細胞療法は、がんへの免疫療法の1つです。患者から取り出した樹状細胞にがん細胞の情報を与え、これを患者に投与します。体内に入った樹状細胞はがん細胞を探し、認識するとリンパ球に攻撃するよう指示をして解決に導いてくれます。

進行度にあわせて選ぶ

女性

内視鏡、腹腔鏡手術

大腸がんの治療には、内視鏡療法、腹腔鏡手術、開腹手術、放射線療法、化学療法があります。大腸がんの進行度合いに応じてこれらの治療法を組み合わせて治療はおこなわれます。最も早期である大腸がんが粘膜内に留まっている時期のものであれば、内視鏡療法が選択されます。これは肛門から内視鏡を入れ、腫瘍にワイヤーをひっかけて焼き切ってしまうという方法です。ほぼ完治が期待できます。がんが粘膜を越え筋層に達している場合は腹腔鏡手術が選択されます。腹部に数箇所穴を開け、そこから手術器具、カメラなどを直接腹腔内に入れ、テレビモニターの映像を見ながらがんを切除します。腹部を大きく開く必要がないため、患者の負担が小さく、早い回復が望めます。

手術、放射線、抗がん剤

がんが進行して固有筋層を越えて広がり、腹腔鏡手術では切除困難な場合は開腹手術になります。腫瘍の部分から10cm離れた範囲までを切除すると同時に、転移の可能性を考慮して周囲のリンパ節も切除します。切除範囲が盲腸から結腸までの場合と直腸や肛門に及ぶ場合とでは手術の方法が異なります。結腸までのがんでは排泄に直接影響を及ぼす部分を切除しませんから、術後に排便、排尿の障害が出ることはありません。しかし、直腸、肛門部分には排泄に関係する神経、筋肉があり、この部分を傷つけたり切り取ったりすると排泄機能が障害を受けます。可能な限り肛門の機能を残す手術方法が選ばれるようになっていますが、がんのできた部位によってはやむなく肛門括約筋を切除せざるをえないこともあり、その場合は人工肛門を左腹部に造設します。外科手術とあわせて放射線療法や化学療法もおこなわれます。これらは術前に腫瘍を小さくしたり、術後の再発を目的に行われることもあれば、手術に対応しない進行した大腸がんへの治療として行われることもあります。

医者

早期解決を目指す

肺がんは日本人の男性の死因の1位を占めています。ですので、しっかりと定期的に健康診断を受けることが重要となっています。また、喫煙をできるだけしないようにすることも同時に必要です。