進行を防ぐには治療が一番|大腸がんを予防して病気に勝つ

がんの治療

看護師

樹状細胞療法とは、がんの治療法の一種です。がん治療で注目を集めている免疫療法の一つとなります。免疫療法とは、がん細胞を認識し、これを攻撃することでがんに打ち勝つ治療法です。しかし、従来の免疫療法には、問題点も多く見られました。代表的な問題点は、がん細胞を認識するところにありました。がん細胞以外の正常な細胞についても攻撃をしてしまうのが問題点です。正常な細胞を攻撃することで、思わぬ副作用が現れた点です。これを克服すると期待されたのが、樹状細胞です。採血の方法で、樹状細胞の元となる細胞を患者から取り出してこれに、がん細胞に関する情報を与えます。具体的には、がん細胞の目印のようなものを与えます。与えられた目印を元に、樹状細胞は、がん細胞を認識できるようになります。この樹状細胞が樹状細胞療法の中心的役割を果たすこととなります。

その後、がん細胞を認識する能力を得た、樹状細胞を注射の方法によって、患者の体内に投与してゆくこととなります。体内に入ると樹状細胞は、免疫療法の司令塔としての役割を果たすようになります。がん細胞を探し、見つけたらリンパ球に攻撃するように命令を出すわけです。これによって、リンパ球は、がん細胞を認識できるようになり、がん細胞を狙い撃ちにした攻撃を行うことができるようになります。これが、樹状細胞療法の大まかな流れです。近年では、多くの医療機関で樹状細胞療法での治療実績が豊富に見られます。標準の治療法と組み合わせることでより効果の高いがん治療が行えることや、患者自身の細胞を使用することから副作用がほとんどない点も大きなメリットです。