進行を防ぐには治療が一番|大腸がんを予防して病気に勝つ

年齢に合った検査を受診

女性

40代以上は毎年受診

女性特有のがんの一つとして乳がんがあります。乳がんにおける検診にはマンモグラフィやエコーを利用したものがあります。もちろんこれに加えて触診や問診を行うのが乳がん検診です。問診ではしこりが日常生活の中で存在するかを確認します。早期発見するには自覚症状が何よりの手掛かりになるためです。マンモグラフィは広範囲に撮影を行うレントゲンの一種です。腫瘍を発見するには大事な検査の一つです。また若い女性は乳腺が多く、乳腺がんとの区別がつきにくいこともあります。手で触れただけでは判別しにくいしこりを乳がんと判別するために利用されるのが超音波エコーです。

遺伝の可能性もある

マンモグラフィを利用しにくい若い女性に対しても利用可能である乳がん検診の方法です。これらを行うのが乳がん検診ですが、女性であっても乳がん検診を受けるべき年齢があります。20代や30代は乳がんに罹患する可能性が低いため基本的に受ける必要はありません。しかし近親者に乳がんの人がいるのであれば、受診することをおすすめします。これはがんが一部遺伝性を持っているためです。いつ発症するのかわからないため、早期発見の為にも20代から乳がん検診を受けることがベストなのです。40代以上はマンモグラフィを受診することが大事です。間隔は二年に一回程度です。逆にエコーは毎年受診することをおすすめします。もちろん進行する時には早期に進行しますので、必ずしも検診を受けていれば安心というわけではありません。検診を受けつつ、自分なりにセルフチェックも欠かさず行なっておきましょう。